レビトラについて

レビトラ

レビトラはバイエル薬品(ドイツ)で開発されたED治療薬です。 国内ではバイアグラに次ぐED治療薬として2004年に発売が開始されました。レビトラの語源はラテン語で「男の生命」です。特徴は副作用が少なく、早く効いて長く作用すること。 飲んで15~30分と早く効き始め、20mgは8時間以上作用します。さらに食事をした後でも効果が落ちにくいので人気があります。

レビトラは前立腺ガンの手術後や重度の糖尿病、うつ病など加齢によるED以外にも有効性が認められており、バイアグラが効きにくかった方にも、 高用量のレビトラ20mgの使用にかなり期待がもてるので試す価値があります。10mgでもじゅうぶん効きはありますが、20mgのほうは更に確実に「早く・強く」が期待でき、国内でもこれが主流となっています。

製剤画像
有効成分 バルデナフィル
のみ方 食後1時間以上たってから
食事の影響 やや受ける
効くまでの時間 15~30分
効いている時間
約8時間(20mg) 約4時間(10mg)
効き方
勃起に必要なcGMPという物質を分解する(萎えさせる)PDE-5という酵素の働きを、有効成分バルデナフィルが阻害する結果、よい勃起が得られる。
副作用
ほてり、頭痛、鼻詰まり感

ジェネリック:当院では2製薬会社を扱っています。

沢井製薬 東和薬品

※2021年10月 バイエル社はレビトラ錠の販売中止を発表しています。当クリニックではなるべくご希望に添えるよう前もって在庫を多く確保しておりますが、万が一在庫がない場合はジェネリック薬をお求め下さい。